So-net無料ブログ作成
検索選択

裁判所にはワンピースでは入れません [Microfinance]

昨日、仕事でヒジュラの支援団体のボスに会いに行ったとき、「明日、最高裁判所で判事たちに本を配るのを手伝ってくれないか?」と言われた。たくさんの本を配るので人手が必要なのかと思ったら、「当事者が配るより、その問題に関心を持ってくれているあなたたちが配ってくれた方が効果が大きいから」と言われた。ま、関係性の構築も仕事の一環だし、ヒジュラの人々が基本的人権をはく奪されている状況は憂慮すべき事項だから、「いいですよ」とお返事した。「dress code(服装規定)はありますか?」と聞くと、「着物でもいいですよ(笑)」と言われた。私は、膝下の丈の、こげ茶のワンピースを選び、普段のサンダルを避けてヒールのある靴をはいて、最高裁判所へ出かけた。

同僚が遅れていたので、先にヒジュラ支援団体の人と裁判所内に入ろうとしたら、入口のセキュリティで止められた。「?荷物チェック?」と思っていると、警察の人たちが口々に「おまえは、"SHORTS"を着ているから裁判所内には入れない!」と叫ぶ。は?Shorts?私、膝下丈のスカートですが???と思ったら、「足が全部かくれるインド服かズボンをはいてこなければおまえは入れない」と怒られた。ええええええええ????何ここ?どこ、ここ??周りを見ると、ベートーベンみたいなカッコしている判事とかいるけど、確かに女性は皆サリーかサルワールカミーズか黒の長ズボンをはいている。。。。

同行していた支援団体の人があわててボスに電話し、私がセキュリティで止められたことを報告する。私はそのボスに非礼を詫び(でもこの格好、そんじょそこらのインド服よりエレガントなんだけど!)、近くの店でインド服を買ってで直す、と言うと、「その必要はない。そこで待て」と言われ、電話を切られた。こういう「プロトコール」には、インドはうるさい。イギリスの植民地の名残であり、そこにレゾンデータルを見出す上流階級の人たちがごまんといるから、裏金でも渡さない限り、こういうプロトコールの問題を突破できることは、まずほとんどない(ほとんど意地の世界である)。だから、遅れている同僚を待ちながら、裏にあるインド服やに飛び込むことを思い描いていた。

そしたら、突如「ボスの男」(裁判所の中の人だと思う)が現れ、「こっちにこい」と言われ裏へ連れて行かれた。裏には警察の責任者の部屋があり、そこに入ると「ボスの男」は状況を責任者に説明し始めた。そしてその男は最後にボスの名前をその責任者の耳に囁いた。そしたら、今まで首を横にしかふっていなかった責任者の顔色が変わった。彼は私に座るように指示し、どこから来たのかと聞いた。「日本です」と答えると、「日本は日いずる偉大な国だ。今、部下にショールをとってこさせるから、ショールをはおって中に入るように」と言われた。「え?ショールがあれば入っていいのですか?」と聞くと、「私は服装規定と裁判所内の秩序を守る最高責任者だ。先週、私は服装規定違反の外国人に罰金を課したところだが、あなたは日いずる偉大な国から来たから、チャイを飲んでいくことを課すことにしよう」とか言って許可してくれた。

争点は、私の肩ではなく、「足」だったはずなのに、なぜかショールを羽織らされて中に入れてもらった(ちなみにチャイはgingerが効いていておいしかった)。中に入るとノースリーブのインド服を着ている女性は何人もいた。。。意味不明!でも、ま、いっか。入れたし。

ということで、その後、ひとつひとつの判事部屋へ行き、ヒジュラの人々の生活と問題について書いてある本と映画を配り(もちろん、その許可は取ってありましたよ)、状況説明をする同僚の後ろで、私はニコニコと笑顔を振りまき、最後に「ありがとうございました。どうぞこの惨状をご理解ください」とつけ添え続けて2時間を終えた。受け取りを拒否する判事部屋もあるだろうと思っていたけれど(ヒジュラの表紙を見るだけで眉根をひそめ、目をそむけるひとがほとんどなのである)、皆受け取ってくれた。

世の中を動かしているのは、ネットワーク力を持った人々であり、インドにおける彼らの持つ影響力というのは半端ない。今日の「ボス」はインド1,2を争う大企業の副社長。彼はいろんな「魔法」を手中に持っている。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。