So-net無料ブログ作成

一生の宝もの [Kids]

維人が大好きなお友達が学校にふたりいる。それ以外にも仲良しのお友達はたくさんいるのだけれど、特に、このふたりの男の子たちが大好きだ。ふたりともインド系の目のクリクリとした子たちで、よくしゃべりはするけれど、いかにも末っ子の、おっとりとした、すれていない、友達思いの子たちである。こちらでは、放課後家に遊びに来ることをplaydateというのだけれど、週に1-2回は必ず3人のうちの誰かの家でplaydateをしている。遊びも、子供らしい遊びを好み、サッカーをしたりクリケットをしたり、一緒にピザを食べながらDVDを観たり、外で走り回ったりかくれんぼをしていて、3人で転げまわりながら、笑い転げながら楽しそうに遊んでいる。

維人が生まれて初めて、ひとりでお友達のお家に泊りに行ったのも、そのうちのひとりの男の子の家だった。2週間後、ふたりが維人の家でお泊りをすることになっている。ふたりとも、親元を離れてお友達と寝るのは生まれて初めて、だそうだ。

この3人の遊びを見ていると、男の子というのはなんとやんちゃで、まっすぐで、冒険が好きなのだろう、としみじみ思う。見ているこっちが清々しくなるほどだ。もちろん、やんちゃだから「コラーーー!(怒)」ということもあるけれど、単純だから許せてしまう。心すっきり、と。お互い遠慮がなく、それでいて誰かが間違ったことをしたら、声高に指摘するのではなく、「それやっちゃだめだよ」と囁く。難しい問題は、3人で知恵を出し合って考える。3人いつも一緒だけど、決して排他的ではない。そんな友達に恵まれた維人は、とっても幸せだなぁと思う。

ふたりとも、うちにくるとトトロのDVDに真剣に見入り、日本のせんべいやお菓子、飴をこよなく愛し、麦茶を飲み干す。"Antie, please take us to Japan with Koreto. We want to go!!!"を連発するふたり。この友情があるから人生が豊かなんだ、と気づけるような年齢になるまで、彼らの友情が続いたらどんなに素晴らしいだろう。ひとりは、この6月で転校が決まっており、もう一人も来年の夏にはカナダに帰ると言ってるけれど。。。。温かい友情は、一生の宝である。母は、維人の友情が両想いのうちは、なんとしてもそれを守ってあげたい、と思う。写真は、今日のplaydateでのふたこま。

01052012213.jpg 01052012217.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。