So-net無料ブログ作成

多様な生き方2:NGOで働く人々 [Microfinance]

NGO訪問をしているといろいろな人に出会う。障害者支援のNGOで重度の知的障害者と真摯に向き合い、施設に通ってくる障害者たちを「私の子供たち」と表現する女性。夫が心臓発作で出張中に突然死亡し、その亡き夫の遺志をついでEunuchs(Eunuchsについてはこちらの記事参照)の話に耳を傾け、ともに涙する女性。自らもrag pickersコミュニティで育ち、強烈な臭いと信じられない数のハエに囲まれながらも、そんなrag pickersが抱える数々の問題に立ち向かう女性。隣国や国内の農村からhuman traffickedされ売春婦として働かされてきた女性たちを救い出し、職業訓練して仕事に就かせる、ということを、感情的にならず冷静に理性的にやりとげる女性。私は決してfeministではないと思うけれど、献身的にこの分野で働く人の中には女性が目立つ。

もちろん、男の人だっている。とあるEunuch支援団体のトップは、インドの大手財閥企業のsenior vice presidentだ。明日も彼と会うのだけれど、Bank of Indiaでも働き、医者でもある彼は、独特の世界観を持ちながらもEunuchの市民権獲得のために政府と掛け合ったり裁判をしかけたりしている。別のEunuch支援団体ではHIV対応に力を入れているが、そのプログラムマネージャーは元々グローバル企業の営業マンとして15年間バリバリアフリカで働いていた、とっても頭の切れるゲイのお兄さん。その組織の意思決定は、"community based organization"だから、その"community"出身者(=皆ゲイ)が行っている、というユニークさ。その活動は多くの国際機関から認められ、メンバーの中にはマハラジャの息子=プリンスもいる

どの人も、大したお給料をもらっているわけではない。直接聞いたわけではないけれど、それらNGOの報告書を読む限り、彼らのお給料は月15,000ルピーから25,000ルピーといったところだろう(日本円でだいたい22,000円~37,000円くらい)。もちろん、senior vice presidentは無給で、むしろ私財を投じている。そんな状況だけど、身を粉にして、とっても長い期間、彼らはそのコミュニティが抱える問題に向き合っているのだ。

ムンバイにいると、なんでこんなひどい人ばっかりなんだろう、と思う時もあるけれど、インドにはそんな素敵な人たちがいる。彼らは、何かとずっと闘っている。私はそういう闘っている人が好きだ。彼らの眼は真剣で、輝いており、そして温かい。そんな人たちと事業を立ち上げるって、考えただけでワクワクする。もちろん、事業実施前も実施中も問題満載だと思うけど、前に進めたい、という強い気持ちを私の中に作り出してくれる。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。