So-net無料ブログ作成
検索選択

self-defence [Kids]

維人と美結の学校は、ドイツ系のインターナショナルスクールなので、自然クラスの中にドイツ人のクラスメートが多い。維人のクラスも美結のクラスもドイツ人の男の子たちが多く、彼らは徒党を組んでギャングと化すことが多かった。クラスメート全員をひっかく子、押し倒す子、相手の顔から血が出るほどひっかく子、相手をかむ子、などなど。自分の子供たちが被害者になることもそれなりにあり、被害程度はまちまちだったけど、トルコ人の友達はある日息子が顔と手から血を流して帰ってきてびっくり仰天したらしい。4歳、5歳の男の子(加害者には女の子も含む)たちだから、まぁワンパクなのは仕方ないわよね、と誰しもが理解を示す一方で、自分の子供が傷を作って帰ってきて嬉しい親はどこにもいない。だから、じゃぁそれをどう防ぐべきか、ということについては母たちの間でもしばしdiscussionが行われてきた。

ある時、夫の不在中に我が家でおでんパーティを開き、母たち(&その子供たち)を招いていた時のこと。皆でおでんをつつきながら、ゆず酒を飲みながら、その話になると、「NO! Stop it!を繰り返すしかない」という母、「先生に報告をして先生に介入してもらうべき」という母、「口で説明して分からない子供には、倍返しするように子供に教えている」という母、「加害者は次のplaydateに参加できないというルールを作るべき」という母などいろいろ。「最後は仕返ししかないわよ」という気持ちも分からなくはないけれど、「それは日本の文化ではない」と説明すると、「でもやられっぱなしでは被害は拡大する一方だ」と言われる。世界の縮図を見ているようでオモシロイなー、でも子供に積極的に教えるにはどれもいまいちだなぁと思っていた。

その後、維人と美結に聞いてみることにした。お友達が乱暴してきたら、どうしたらいいか。美結はNo! Stop it!を繰り返して、やめてくれなければ先生のところに行く、という(きっと学校でもそうしているのだろう)。まぁそうだよねー、でも先生が介入する前に大体被害が発生するのよねー。維人は?と聞くと、「お友達大勢でその子にそういうことをするのやめろって言えばいいんだよ」という。へぇ、どういうこと?と聞いてみると、維人が乱暴な男の子にいやなことをされていたら、他のお友達がその子にやめろよ、と言ってくれた、という。だから、他の子が嫌なことをされていたらお友達と助けに行くことにしている、という。スゴイ!それぞ私の求めていた答えだ!

世界が、維人たちが導き出した答えのような優しさと芯の強さを持っていたら、いろいろなことが変わりうるのに、と思う。問題解決がretaliationというのは、やっぱり少し悲しすぎる。頑張れ、子供たちよ!

写真は、クラスの中の維人、と、男の子ばかり5人がうちで遊んだ時の様子(それぞれの武器を持って戦っていた!)。美結はお兄ちゃんの友達相手に石臼と化している。。。あぁ。妹の特権だけど、かなり重くなってきているから、あと少ししたら本気で怒られそうだよ。

IMG_7923-smaller.jpg IMG_8028-smaller.jpg 16022012158.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

圭子

久しぶり~♪バタバタしててずっとブログ読めなかったわ(泣)>他の子の悪態(?)って本当に難しいよね~。その時その時、考えていくしかないのかなあ。小学生の子供がいる友達の話しを聞くと、大きくなるとどんどん複雑な問題が出てきて、親も悩まされるみたいね、、、。そうやって親も成長させてもらえるのかな~。
by 圭子 (2012-03-30 11:32) 

tomomi

圭子さん!元気だった?4月から職場復帰?私は来週から2週間弱日本に帰るよ。梅酒また買いたいし、ちょこっとでもいいから会いたいわー。一昨日保護者面談があったんだけど、美結のクラスでは、女子4人組(incl. 美結)で既にpoliticsが発生しているらしく、毎日誰かがターゲットになっているらしい。。。。(絶句)。4歳からそんなことしなくてもいいのになぁと思う一方で、どう自分の子供たちを守るか、考えさせられるね。
by tomomi (2012-03-31 00:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。